お役立ち情報

チワワの散歩時間はどれくらい?適切な回数と距離は?

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

体の小さいチワワは、一日に必要な運動量が少ない犬種です。

そのため「チワワに散歩は必要ない」と言われることもあります。

しかし、散歩が果たす役割は運動だけではありません。

今回はチワワの散歩のあれこれについて詳しく解説します。

チワワの散歩時間と適切な回数や距離

散歩の基本は「1日に2回、30分」といわれますが、チワワに必要な散歩時間と回数は、一日1~2回、10分~20分程度です。

距離にすると、子犬は約1km、成犬は約2kmです。

これらはあくまで目安なので、愛犬の様子を見ながら調節してあげてください。

また、運動のためとアップダウンの激しいコースを歩かせることは、体の小さいチワワの散歩には向いていません。

骨や関節に負担がかかるため避けた方がよいでしょう。

適切な運動量の測り方

愛犬に必要な運動量を知るためには、愛犬の散歩から帰ってきたときの呼吸を確認しましょう。

帰宅後、ハッハッと短い呼吸をしていれば適度な運動ができた証拠です。

しかし、呼吸の間隔が短すぎたり、舌が紫色になっている場合は疲れすぎのサインです。

その場合は、運動量を減らす必要があるので、散歩の時間を少なくしてみてください。

散歩時間を減らしても、極端に疲れやすいようであれば病気の可能性も考えられるので、かかりつけの動物病院で一度診てもらいましょう。

チワワの散歩が果たす役割

「チワワは体が小さいし室内の遊びで十分」とお考えの飼い主さんは少なくありません。

たしかに、運動量のみに注目するなら十分と言えますが、散歩は運動意外にも大切な役割を果たします。

気分転換やストレス解消

人と同じように、チワワも毎日同じ空間で過ごしているとストレスを感じます。

外へ出る事はチワワにとって、気分転換になり良い刺激をあたえます。

人とは違って自分の意志で外出できないため、できるだけ毎日散歩に出かけ、新鮮な空気を吸わせてあげましょう。

ストレスは問題行動や心身不調の原因になるので、ストレスを溜めにくい生活を心掛けてあげたいですね。

社会性の学習

チワワは、警戒心が強く恐怖を感じやすいので、未経験のことや物に対して大変敏感です。

家の中だけで過ごしていると、様々な環境の変化や刺激に慣れることができず、多くのストレスを感じやすくなってしまいます。

また、警戒心や恐怖心が強すぎると「噛む」「吠える」といった問題行動を引き起こすこともあります。

こうした問題行動を予防する為にも、散歩に連れ出し色んな経験をさせてあげることが重要です。

散歩を通じて様々な刺激を体験させ、チワワの社会性を育てましょう。

チワワの散歩の注意点

超小型犬であっても、基本的な散歩のやり方や注意点は他の犬種と一緒です。

そこにプラスで、体が小さいチワワならではのポイントをしっかりおさえておきましょう。

お散歩デビューは生後3か月までに

どの犬種も、子犬を迎えてすぐに散歩に連れて行けるわけではありません。

散歩デビューできる時期は、ワクチンプログラムを終えて2~3週間後です。

そしてお散歩デビューは生後3ヶ月までに済ませておくのが理想的。

生後1か月~3ヶ月は、「社会化期」と呼ばれ好奇心が強くなり、新しいことに慣れやすいと言われているからです。

しかし生後4か月を過ぎると「恐怖期」と呼ばれ、好奇心が恐怖心へと変わってしまうため、怖がりになってしまう可能性があります。

ワクチンの問題で社会化期のデビューが難しい場合は、抱っこして外に連れ出し徐々に慣らしてあげてくださいね。

小さい体格と目に注意

チワワは超小型犬のため、飼い主の想像以上に体が小さいです。

散歩中のチワワが、細い隙間や側溝にはまってしまうことも珍しくありません。

その際に骨や関節を痛めてしまう危険性もあるので、気を付けてあげましょう。

また、チワワの大きな目はケガをしやすいので要注意です。

草や木の枝に当たると目を傷つけてしまう恐れがあるので、安全な散歩コースを選びましょう。

夏の暑さに注意

暑さに強いと思われがちなチワワですが、湿度の高い日本特有の暑さには弱いです。

そのため熱中症や暑さへの対策をしっかりしなければなりません。

アスファルトが熱くなっている真夏の日中には、散歩に行かないようにしましょう。

夏の散歩は、陽が昇り切る前か、陽が落ちた後にするのがベストです。

また、脱水症状の予防のために、吸水ボトルを携帯しこまめな水分補給を心掛けてください。

冬の寒さに注意

チワワは、大変寒さに弱い犬種です。

冬の散歩は、防寒対策に服を着せたり、陽の出ている時間帯に散歩に行くなど対策してください。

また、帰宅後の皮膚の乾燥ケアもしっかり行うようにしましょう。

特に鼻や肉球は乾燥するとひび割れてしまうので、保湿成分が含まれたジェル等で保護してあげてくださいね。

まとめ

チワワの散歩時間や散歩時の注意点についてお届けしました。

散歩が必要ないと言われるチワワですが、運動量意外にも散歩は犬にとってたくさんのメリットがあります。

チワワに適切な散歩方法を把握し、愛犬とお散歩をたのしんでくださいね!

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2021 ちむたうブログ