カップル

同棲の物件探しのコツ!後悔しない為に気を付けるポイント

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

「カップルで同棲したいけど、物件の選び方がわからない」

今回はこのようなお悩みを持つ方に向けて、同棲の物件探しのコツと後悔しない為に気を付けるポイントをご紹介ます!

 

同棲の物件探のコツ!後悔しない為のポイント

同棲をする物件は二人にとって過ごしやすいものがいいですよね!

物件選びの際に見るべきポイントから、同棲にかかる費用まで詳しく解説していきたいと思います。

ちむ
不動産業界で働いていた私がお答えします!

①家賃

同棲物件を探す時に一番気になるのが、毎月支払わなければならない家賃ですよね。

一般的には収入の1/3が良いとされていますが、実際に住んでみると1/3では厳しい事がわかります。

ちむ
昔と比べて通信費などの出費が増えたからね...

余裕のある生活をするためには1/4程度がベストではないでしょうか。

手取り20万なら約5万程度の家賃が理想的ですね!

ですがカップルでの同棲となると、合計収入も増えるので「もう少しいい家に住みたい」という欲も出てくると思います。

それももちろん良いと思いますが、私個人としては家賃にお金を払うより、今後の事を考えて貯蓄に回す方が得策だと思います!

また、希望するエリアの平均家賃を把握しておくのも大切ですので、しっかり下調べをしてくださいね。

初期費用を抑えるポイント

家賃を抑えるために出来る事は、家賃交渉を行うことです!

物件オーナーも仲介業者も、早く入居者を入れたいので、家賃の交渉は受け入れてもらえることが多いです。

実際私が不動産会社で働いていた際も、毎日家賃交渉の問い合わせがありました。

そこでオーナーの許容範囲内であれば家賃を下げてもらえるので、言わないよりダメ元で言ってみてください♪

ちむ
物件によりますが、1000~3000円は下げられます

②初期費用

家賃の次に気になるのが、初期費用です。

まず初期費用として含まれるものをおさらいしておきましょう!

初期費用の内訳

  • 敷金・礼金
  • 前家賃・日割り家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 保証料
  • 鍵交換代
  • 部屋消毒料
  • 引っ越し代
  • 家具購入代

引っ越し代や家具購入代は、賃貸契約に含まれないので忘れがちですが、同棲する際にかかる初期費用といえます。

ちなみに、初期費用の相場は家賃の5~6倍かかると言われています。

たう
結構高いね!

では、それぞれの内訳を一般的な相場で解説します。

敷金家賃1カ月分
礼金家賃1カ月分
前家賃家賃1カ月分+日割り家賃
保証料家賃の0.5カ月~1カ月分
仲介手数料家賃1カ月分+消費税
火災保険料2年間で15,000~20,000円
鍵交換15,000~30,000円
部屋消毒料10,000~20,000円

これらの情報を元に実際いくらかかるのか、家賃を5万円と仮定してシミュレーションしてみました。

敷金50,000円
礼金50,000円
前家賃50,000円
保証料25,000円
仲介手数料55,000円
火災保険料20,000円
鍵交換30,000円
部屋消毒料20,000円
合計300,000円

上記のシミュレーションでは初期費用が30万円と、ちょうど賃料の6ヶ月分なりました。

日割り料や鍵交換代などは、入居時期や鍵の種類によって変動するので、その場合は初期費用も変動します。

さらに、引っ越し代や家具購入代が含まれるとプラス30~50万円程かかります。

引っ越し業者に頼らず自分たちで荷物を運んだり、実家から家具や家電製品を持っていくと抑えることが出来ます!

初期費用を抑えるポイント

  • 敷金なし物件を探す
  • 礼金なし物件を探す
  • 消毒代なし物件を探す
  • 礼金・仲介手数料の交渉
  • 閑散期を狙う(5~8月)
  • 入居日を月末にする
  • 分割払いやクレカ払い

閑散期には交渉が受け入れてもらいやすい傾向があり、月末に入居すると日割り家賃の発生を防げます。

現金以外の支払方法で初期費用を安くなることはありませんが、入居時にまとまった現金の準備の必要をなくすことができます。

ちむ
「できるだけ初期費用を抑えたい」と最初に伝えておこう!

③間取り

同棲する際に最もふさわしい間取りはありません。

カップルのライフスタイルに合わせて選ぶのが最適です。

特にこだわりがなければ、1R・1Kでも十分ですし、各自プライベートな空間が欲しい場合は2DKだとリラックスできますね。

その中でも私が特にお勧めしたいのが、1LDKです。

1LDKは広々としたリビング空間が最大のメリットで、生活空間と寝室をわけられるので来客時も気を遣わせません。

また、1LDKは築年数が浅い物件が多いので、ピカピカで綺麗なお部屋を選べるのも魅力です!

 

\ イエプラ でお部屋探し /

④設備

お部屋探しの際には設備も気になるポイントです

特に気を付けてほしいポイントは、セキュリティに関わる設備

一人暮らしの場合と比べて同棲の場合、セキュリティにこだわらないカップルが多い印象です。

同棲していても案外一人でいる時間は多いので、やはりセキュリティ設備はしっかりとした物件を選ぶべきです。

そしてもうひとつ、同棲する物件を探す際に気にして欲しい設備は、収納です。

物件を探す際に見落としがちな収納設備ですが、実際に生活してみると収納が少ないお部屋は生活しにくいです。

これからの暮らしでさらに増えていくことも考えて、収納が多い・しやすい物件を選ぶようにしましょう!

⑤周辺施設

希望通りの物件を見つけても、近くに何もなければ生活が大変になります。

物件の近くに普段よく使う施設があるかどうかも含めて、物件探しを進めて行きましょう!

あると便利な周辺施設

  • コンビニ
  • スーパー
  • 郵便局
  • 薬局
  • 病院
  • 銀行
  • 公園

⑥駅・職場までの距離

駅までの距離は、家賃に大きな影響を与える条件です。

駅から近ければ高くなり、駅から遠ければ安くなります。

普段電車を利用されないカップルは、あえて駅から離すことで家賃を抑えつつグレードの高い物件を選ぶことが出来ます♪

また、職場までの距離を考えずに物件を選んでしまうと、通勤時間がストレスになるだけでなく、仕事に支障をきたしてしまう場合があります。

お互いに仕事されているカップルは、お互いの職場のちょうど中間あたりで物件を探すと良いでしょう。

 

\ イエプラ でお部屋探し /

同棲にかかる生活費

毎月の家賃と初期費用以外に、お金関係で知っておきたいのが日々の生活費についてです。

総務省統計局が3,375組に及ぶ、共働きカップルの家計調査データをもとに発表した、同棲で支出される平均的な生活費は約22万円でした。

こちらの金額は家賃を抜いたものなので、ここに家賃が加えられます。

つまり同棲にかかる毎月の費用は、およそ30万円ほど必要になってきます。

もちろんこれはあくまで平均値なので、各カップルごとに必要な金額は変わります。

たう
なんにせよ節約意識を高めておかないとカツカツになりそう

同棲する物件が決まったら、どちらが何を支払うのかなどについて話し合っておきたいですね!

 

まとめ

今回は同棲カップルの物件探しのコツと後悔しない為に気を付けるポイントを詳しく解説しました。

見るべきポイントが多いので、簡単にまとめておきます♪

同棲カップルの物件探しのコツ

  • 家賃は収入の1/4がベスト
  • 初期費用は家賃の5~6倍かかる
  • 間取りは1LDKがおすすめ
  • セキュリティ面を重視する
  • 周辺施設にも目を向ける
  • 物件があるエリアも考える
  • 同棲平均生活費は約22万円

2人のすべての希望がそろった物件を探すのはかなり難しいので、時には妥協も必要です。

お互いの妥協できない条件を照らし合わせて、しっかり話し合って決めてくださいね。

お二人にとって素敵な物件が見つかりますように♡

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-カップル

© 2021 ちむたうブログ