カップル

結婚前に同棲はした方がいい?メリット・デメリットは?

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

「結婚前に同棲するべきか」どうかは、昔から議論されているのに明確な結論が出ていないことの一つですよね。

今回は同棲賛成派の意見と、同棲反対派の意見を詳しくご紹介します。

そして同棲生活をうまくやっていくためには、どうすればいいのかもポイントを絞ってお届けします!

この記事を読めば、結婚前同棲のメリットやデメリットがわかるので、現在恋人と同棲しようか迷っている方の決断に役立つと嬉しいです。

結婚前に同棲はした方がいい?

結婚前の同棲についてのメリット・デメリットをご紹介する前に、まずは既婚者が実際に結婚前に同棲した割合から見ていきましょう。

同棲率は70%!

結婚準備総合サイトのゼクシィが既婚男女に行ったアンケートによると、結婚前に同棲を行ったカップルは全体の7割を占めていることがわかりました。

ちむ
3人に2人が結婚前に同棲を経験しているんだね

また、ブライダル総研が行った調査によると、1960年代では結婚に同棲していたカップルの割合は全体のわずか1.4%でした。

2000年代になると27.6%になり、2010年以降では34.5%と徐々に結婚前の同棲が浸透してきているのがわかります。

昔はお見合い結婚や、親が決めた相手との結婚が一般的だったので、自由に恋愛する余裕がなかったことが背景にありそうですね。

そしてどうやらいまどきの同棲は、結婚までの重要なステップになっているようです。

結婚と同棲の違い

恋人とずっと一緒にいたい、と同棲に憧れを抱く人は多いことでしょう。

しかし憧れだけで同棲を始めてしまうと「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるかも知れません。

一緒に住むという観点だけで見れば同じですが、同棲と結婚の大きな違いは、責任の有無です。

同棲はあくまで恋愛の延長線上のものなので、あくまで同居人でしかありません。

相手を養う義務も一生添い遂げる義務もなく、別れる選択すらも自由です。

たう
浮気されても法的に問えないよ

なので、同棲したからと言って「一生一緒にいられる」と安心することはできないのです。

同棲する前にこれらの違いをしっかり把握しておく方が良いですね。

 

結婚前に同棲するメリット

それでは、結婚前の同棲に賛成派の意見をご紹介していきます。

相手をより深く知れる

デートだけでは見られなかった、素の状態の相手を見られるのは同棲の嬉しいポイントです。

家でのリラックスした状態を知れるのは、一緒に暮らしている人だけの特権です。

外では見せない顔や癖などを発見できると嬉しいですよね♪

結婚生活をイメージできる

結婚前に同棲し寝食ともにすることで、実際の結婚生活をリアルに体験できることは大きなメリットの一つです!

他人同士の共同生活では、お互いの育ってきた環境や習慣の違いに必ずギャップが生じます。

同棲せずに結婚するとそのギャップを解消するのに苦労します。

その点、結婚前に同棲をしておけば「こんなはずじゃなかった」ということが減り、結婚後に円滑な夫婦生活を送ることが出来ます。

生活費の節約ができる

同じ家で暮らすので、これまで別々に支払っていた家賃が1つになります。

光熱費や食費なども一括となり、生活費がかなり節約できると言えます。

節約で浮いたお金を結婚資金として貯金することもできますね!

家事を分担できる

同棲していれば、すべての家事を一人でする必要がなくなります。

お互いが協力的に家事を行う事で、一人暮らしの時より家事の負担を軽減することが出来ます。

交代で行ったり、得意・不得意な家事をうまく分担すると不満も溜まりにくいですよ。

一緒にいる時間が増える

お互い忙しくても同棲していれば、毎日顔を合わせる事ができます。

週末の少しの時間しか会えない...と悩むカップルも多いので、わざわざ時間を作らなくても会えるのは大きなメリットですよね。

将来的に結婚することになった際に、挙式の打ち合わせなどの話し合いも、同棲していればスムーズに行えます。

結婚前に同棲するデメリット

以上が賛成派によるメリットでした。

ここからは、結婚前の同棲に反対派の意見をご紹介していきます。

結婚への決断が鈍る

「同棲は婚期を遅らせる」と言われているように、ダラダラとした同棲を続けて、気づけば数年経っていたというカップルは珍しくありません。

中には、居心地が良いので同棲のままでも構わない、と満足してしまう人も。

その場合、大きなきっかけがないと結婚を考えなくなってしまう可能性もあるので、要注意です。

自由な時間がなくなる

一人暮らしの時とは違い、同棲となると相手の生活リズムも考えなくてはなりません。

今までは仕事後に飲みに行っていた人も、同棲するとその頻度を減らさなくてはならない場合も。

家の中で一人で過ごせる時間も減るでしょう。

一人の時間を大事にしている人からすれば、自由な時間が減ることはデメリットといえるでしょう。

新鮮さがなくなりやすい

同棲をせず新婚生活を始めたカップルは、初めての結婚生活で新鮮な時間を過ごすことができます。

一方結婚前に同棲を経験したカップルは、新婚生活も同棲の延長線上のように感じてしまい、マンネリ化しやすいといえます。

マンネリ化を防ぐためには、同棲を始める前に同棲期間を決めておくのもおすすめです。

別れにくくなる

一旦同棲を始めたカップルは、別れる事が難しくなります。

同棲する前から別れることを想定するのは気が引けますが、もしも別れることになった時のことを、同棲を始める前に理解しておく必要があります。

同棲カップルが別れる際には、経済的にも精神的にも大きな負担となるので、お互いに理解したうえで同棲を始めるようにしましょう。

同棲生活を失敗させない為に

最後に、結婚前の同棲がうまく行くために、定めておいた方が良いルールをご紹介します。

同棲の期間を決めておく

先ほどデメリットで触れた通り、あまりにも同棲期間が長くなると婚期が遠ざかってしまうので、同棲を始める前に期間を決めておくと良いでしょう。

期間を最初に決めておけばマンネリ化も防げます。

長くても3年程度の同棲期間で、何かしらのけじめをつけるカップルが多いようです。

2人のルールを決めておく

2人で生活する際のルールを決めておくことは、同棲を円満なものにするためには欠かせません。

金銭管理や家事の分担、生活習慣のすり合わせなど、後々もめそうなことはルール化しましょう!

生活をする上でどちらか一方に過度の負担がいかないよう、同棲前にきちんと話し合っておくことが必要です。

定期的に話し合う

何か問題が起きてから話し合うのではなく、定期的に話し合う時間を設けましょう。

「我慢していることがないか」「不安な事はないか」「今後の計画」などを、面倒くさがらずに話し合う事はとても大切です。

話し合いの際はお互いの話をしっかり聞き、解決策を2人で考えましょう!

 

まとめ

結婚前に同棲はした方がいいのか、メリットとデメリットをご紹介しました。

結婚前の同棲にはメリット・デメリットのどちらもあるようです。

何を目的に同棲するか、でどちらが優位になるかが変わってきそうですね。

 

私達は結婚前に約3年同棲しましたが、個人的には結婚前の同棲は必須だと思います!

しかし最終的に決めるのはあなたなので、パートナーとしっかり話し合って、後悔しない決断をしてくださいね。

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-カップル

© 2021 ちむたうブログ