お役立ち情報

犬の抜け毛対策。換毛期とお手入れの方法

 

みなさまこんにちは、ちむです。

 

愛犬家にとって愛犬の抜け毛は大きな悩みのひとつですよね。

特に換毛期は、部屋で舞うほどの抜け毛にウンザリしてしまうことも。

そこで今回は犬の換毛期と、換毛期を迎えた愛犬のお手入れ方法をご紹介します。

犬の抜け毛対策①換毛期

お手入れ方法を知る前に、犬の毛が特に多く抜ける「換毛期」について知っておきましょう。

犬の毛が生え変わることを「換毛」と呼び、犬の毛が生え変わる時期のことを「換毛期」と言います。

換毛期になると1か月ほどかけて古い毛が大量に抜け、新しい毛に生え替わります。

犬の換毛期は春から夏(7月頃)にかけて秋から冬(11月頃)にかけての年に2回あります。

犬種によっては春と秋に限らず、通年通して抜け毛が多いこともあります。

換毛の役割

犬は体温調節をするために毛の量を調節して、気温や湿度の変化に対応しています。

春の換毛は冬毛が抜け落ちて密度の少ない夏毛に生え変わり、秋の換毛は夏毛から保温性の高い冬毛に生え変わります。

ちむ
犬の換毛は人間にとっての衣替え!

犬種別に違う抜け毛の量

犬の被毛には「オーバーコート」と「アンダーコート」の2種類があります。

オーバーコートは皮膚の保護、アンダーコートは体温調節とそれぞれ別の役割を担っています。

そして、オーバーコートのみを持つ犬種は「シングルコート」、どちらの被毛も持つ犬種は「ダブルコート」と呼ばれています。

換毛期ではアンダーコートが大量に抜け落ちるため、シングルコートの犬は抜け毛が少ないと言われ、ダブルコートの犬は抜け毛が多いと言われています。

シングルコートの犬種

プードル、マルチーズ、シーズー、ヨークシャーテリア、パピヨン、イタリアン・グレーハウンド、ミニチュア・ピンシャーなど

ダブルコートの犬種

チワワ、柴犬、ポメラニアン、コーギー、ダックスフンド、ゴールデンレトリバー、ラブラドール・レトリーバー、フレンチブルドッグ、パグなど

しかし同じ犬種でも個体差があるので、あくまで目安にすると良いでしょう。

我が家にはチワワが2匹いますが、抜け毛の量は全く違います。

ちゃま
ほとんど抜けない
めっちゃ抜ける
らいち

犬の抜け毛対策②お手入れ

換毛期のある犬種には入念なケアが必要です。

ケアを怠ると様々な皮膚病を引き起こし、健康を損なう恐れがあります。

愛犬が快適に過ごせるように適切なケアをしてあげましょう!

ブラッシング

換毛期のお手入れはブラッシングが基本です。

表面だけではなく、被毛の中に隠れた抜け毛をしっかりとブラッシングすることが大切です。

被毛をかき分けながら、根元からすくうような感覚でブラッシングしてください。

また、もつれや毛玉がないかチェックしましょう。

これらがある場合は無理に引っ張らず、一度指やブラシでほぐしてから行ってください。

こまめなブラッシングは抜け毛を取り除くだけでなく、愛犬の皮膚の健康維持や床への抜け毛が減るため、掃除も楽になりますよ。

シャンプー

シャンプーは汚れを落とすだけでなく、抜け毛を洗い流す効果もあるので、換毛期におすすめのお手入れ法です。

シャンプーの前にはブラシやコームで毛玉を取り、シャンプーの際はアンダーコートまで濡らして、地肌までしっかりシャワーを当てるのがコツです。

乾かす際には、ブラシでとかしながら行うと乾きやすいので時短になりますよ。

皮膚トラブルを防止するためにも、シャンプー後はきちんと乾かすようにしましょう。

シャンプーの頻度は、月に1~2回が目安です。

トリミング

サマーカットなどのトリミングをしても、抜ける毛が少なくなるということはありません

しかし地肌が見えやすくなることで、ブラッシングやシャンプーを行いやすくなるというメリットがあります。

特に暑い夏はサマーカットをする飼い主さんも多いのではないでしょうか。

しかし毛を短くすることで、皮膚に紫外線が当たりやすくなるノミやダニに刺されやすくなるといったデメリットもありのでご注意ください。

服を着せる

抜け毛が部屋を舞って困る場合や、床に抜け落ちる毛の量を減らしたい場合には、愛犬に服を着せておくと効果的です。

ただし、服を着せる際はブラッシングをサボってしまわないように注意しましょう。

服を着せる事で、抜け毛が落ちずに皮膚や服の中に溜まってしまうので、皮膚環境が悪くなりやすくなります。

服を着せてもこまめなブラッシングは欠かせません。

また、着衣を嫌がる子には無理に着せず、徐々に慣らしてあげてください。

犬の抜け毛対策③掃除

換毛期は特に抜け毛が多くなりますので、お掃除もいつも以上に必要になってくると思います。

床に抜け落ちた毛をそのままにしておくと、せっかく抜けた毛がまた愛犬に付着して、皮膚環境に悪影響を与える事も。

住環境を清潔に保つことは愛犬の健康のためにも欠かせませんので、しっかりと取り入れていきましょう。

掃除の際はゆっくり

犬の毛は軽く、少しの風でふわふわと舞い上がってしまいます。

毛の舞い上がりを防ぐためには、掃除はゆっくり行うとよいです。

特にフローリングは抜け毛が舞いやすいため、掃除機はゆっくり動かすようにしましょう!

掃除機をかける前にクイックルワイパーなどをすることで、静電気による毛の舞い上がりを阻止できます。

また、窓を開けながらの掃除も、抜け毛が舞い上がってしまうためおすすめしません。

これらを意識して掃除することで「掃除してもしても抜け毛が!」という状況を減らすことが出来ます。

 

まとめ

犬の抜け毛対策や換毛期についてお届けしました。

犬の抜け毛には個体差がありますが、あまりにも抜け毛が多いと飼い主にとってストレスになりますよね。

少しでも抜け毛に対するストレスを軽減できるように、是非今回ご紹介した対策をしてみてください。

愛犬の健康や清潔を守るために、換毛期だけでなく日々のケアも大切にしましょう!

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2021 ちむたうブログ