夫婦のこと

夫・主人・旦那・亭主の意味と正しい使い分け

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

女性のみなさんは配偶者のことをなんと呼んでいますか?

二人の時は名前で呼ぶ人も、第三者の前では「夫」や「主人」と言い換えますよね。

他にも「旦那」や「亭主」など色々なパターンがあるかと思いますが、どのように使い分けるのが正しいのでしょうか。

正しく使い分けることができると相手にスマートな印象を与えることができます

今回は、夫・主人・旦那・亭主の持つ本来の意味と、正しい使い分けについて解説します。

妻・嫁・奥さん・女房・家内の意味と正しい使い方 

夫・旦那・主人・亭主の意味と正しい使い分け

正しい意味を理解することで、第三者の配偶者を呼ぶときにも悩む必要がなくなりますよ。

一つ一つ説明していきますので、一緒に見ていきましょう!

夫の意味と使い方

「夫」とは「配偶者である男性」を意味し、夫婦の男性の方を指す言葉です。

「夫」は、男性配偶者を表す呼称の中で最も一般的で、公的書類に続き柄を記載する際も「夫」と記載します。

「私の夫の○○です」「夫は留守にしています」のように使われます。

自分の配偶者を指すときにふさわしいとされていますが、「○○さんの夫」のようにその場にいない第三者の配偶者に対して使う事もできます。

ただし、「○○さんの夫は元気ですか?」など話している相手の配偶者を夫と呼ぶことは適切ではありません。

主人の意味と使い方

「主人」は、結婚している女性が他人に対し、自分の配偶者を指す言葉です。

「夫」よりも上品で丁寧なイメージを与える事ができるため、目上の方に使うのがふさわしいでしょう。

「主人をご紹介します」「主人は留守にしています」のように使われます。

また「夫」と違い、話している相手の配偶者を指す際にも使えますが、その際は「○○さんのご主人(様)」とするのが適切です。

しかし一方で「家の長」や「自分が仕える人」など、上下関係や主従関係を表す言葉でもあるため、最近は使用を避ける方も多いです。

旦那の意味と使い方

「旦那」も女性が配偶者を指す呼称として使われていますが、元々は「使用人が主人に対して使う言葉」です。

また、「女性と特別な関係をもち、生活の面倒をみている男性」という意味もあるので、公の場ではあまり使われません。

しかしどちらの意味も敬意を込めた表現であるため、親しい間柄であれば「旦那」と呼ぶのは問題ありません。

「主人」同様、話している相手や第三者の配偶者に対しても使えます。

その際は「○○さんの旦那さん(様)」とすると失礼がありません。

亭主の意味と使い方

「亭主」とは「宿屋・茶屋の主」や「茶の湯で茶事を主宰する人」を指します。

しかし現在では、「亭主関白」と言う言葉があるように、夫婦の男性の方を指す言葉として使われています。

「亭主」も敬意を表すニュアンスがあるので、目上の方には使わず、親しい間柄で使うことが好ましいです。

第三者の配偶者にも使えますが、「ご亭主」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

夫・主人・旦那・亭主の意味と正しい使い分けをお届けしました。

いずれも夫婦の男性の方を指す言葉ですが、少しづつニュアンスが異なります。

使い分け方

夫・・・公的な場で使われる、第三者には使えない

主人・・・丁寧な印象を与え、第三者にも使える

旦那・・・最もくだけた表現、親しい間柄で使用

亭主・・・敬意を含んだ表現、第三者にも使える

それぞれの意味と正しい使い方を把握し、場面に応じて適切に使い分けるようにしましょう!

妻・嫁・奥さん・女房・家内の意味と正しい使い方 

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-夫婦のこと

© 2021 ちむたうブログ