雑記

これって関西弁?関西人が当たり前に使っている関西弁講座

関西弁講座

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

関西出身の方は普段、時と場合に応じて標準語と関西弁を使い分けているかと思います。

ちむ
日常会話は関西弁、TwitterやInstagramなどのSNS上では標準語を使う関西人が多いよね

しかし使い分けているつもりでも「あれ?これって関西弁やったんや」と感じたことはありませんか?

今回はそんな「関西人が標準語だと思って使っている関西弁」をまとめました!

これって関西弁?関西人がよく使う関西弁

なおす

関西出身ではない人に「これなおしといて」と言っても、伝わらないかもしれません。

なぜなら「なおす」は主に「修正する」と言う意味で使われるからです。

標準語で使いたい時は「しまう」や「片付ける」を使用しましょう!

ほる・ほっとく

これも関西人ならよく使う単語ですよね!

でも「これほっといて」と関西出身ではない人に頼むと、その場に放置されてしまうかも。

人に頼む際は「これ捨てておいて」と頼むときちんと伝わります。

ぐねる

つまずいた際に「足ぐねった~」と言ってしまいがちですが、実はこれも関西弁。

足をぐねるとはどういう状態を指すのか、関西出身ではない人にまったくわかりません。

ぐねるは「くじく」「ねんざ」と言い換えましょう。

さら

新品の物をさらと言うのは関西地方だけだそうですです。

語源は諸説あり、白くすることを指す「さらす」が転じた説や、語調を整えるための接頭語「さ」に「あら(新)」がついて、「さら」になったという説などがあります。

ふてこい

愛想が悪い人に「ふてこいなぁ」と思った事はありませんか?

これは少し方言っぽい言い回しなのでわかりやすいかも知れませんね!

標準語に変換すると「感じが悪い」「愛想が悪い」になります。

シュッとした

スタイリッシュなイケメンを見ると「シュッとして素敵やな」と思う関西人は多いはず。

しかしこの「シュッとした」という表現は関西弁なのです。

標準語に言い換えたい際は、「ハンサム」「垢ぬけた」などに言い換えるといいでしょう。

自分

一般的に「自分」という単語は「己」を指す言葉ですが、関西では「あなた」のことを「自分」と言ったりしますよね!

これが関西ではない人からしたら、かなりややこしいそうですよ(笑)

相手のことは名前で読んだり、二人称を使うのが無難です。

大学〇回生

大学生を1回生、2回生と数えるのも関西弁だそうです。

関西以外では大学1年生、2年生が常識です。

えずく

関西出身でない友達に「えずきそう」とSOSを出したらポカーンとされました。

えずくも関西弁なので、「吐きそう」「吐き気がする」と言い換えましょう。

ちなみにえずくは漢字で書くと嘔吐くになります。

こける

こけるも関西弁のようです。標準語では「転ぶ」と言います。

しかし最近では関西出身のお笑い芸人のお陰か、徐々にテレビでもこけるが使われるようになっています。

しんどい

しんどいは「疲れる」としての意味はもちろん、状況が良くない時や辛い時にも使いますよね。

この使い分けが関西弁ならではのようで、なかなか伝わらないみたいです。

状況に応じて「疲れる」「きつい」「つらい」と使い分けましょう!

ぬくい

関西出身者なら「ぬくい」=「あたたかい」は常識ですよね。

しかしこれも実は関西弁なので、相手によっては伝わらない可能性があります。

ぬくいを伝えたい際は「あったかい」と言い換えましょう!

こそばい・こちょばい

関西人なら「くすぐったい」という単語に馴染みがないですよね。

くすぐることも「こそばす」「こちょばす」と言いますが、関西弁圏外で言うとまったく通じません。

でも「こちょこちょ」は通じるみたいなので不思議ですね!

つぶれる

関西では物が故障した際に言う「つぶれる」ですが、関東圏では「壊れる」と言い換えましょう。

つぶれるとは 元々「外部からの力を受けてもとの形が崩れる」と言う意味なので、通じないことはないと思います。

とは言え、物が壊れた際に「つぶれる」という言い回しをすると、ぐちゃぐちゃにつぶれた様を連想させるようなので言い換えた方が無難と言えます。

蚊に噛まれる

関西地方では蚊に血を吸われることを「蚊に噛まれる」と言いますよね?

しかしこれも方言のようで、標準語では「蚊に刺される」が一般的だそうです。

関東人の前で「蚊に噛まれた」と言ったら大袈裟と思われるかもしれません(笑)

べべ・べべた

最下位を「べべ」という言い方も関西弁です。

標準語に言い換えたい際には「ビリ」を使いましょう。

そういえば2015年公開の『ビリギャル』も学年最下位の成績の女子高生のお話しでしたよね!

モータープール

モータープールの看板を見た関西以外の人の大半は「プール」を想像するそうです!

モータープール=駐車場というのは関西人だけの常識のようです。

特に大阪ではパーキングと表記せず、モータープールと表記する駐車場が多いそうですよ。

まとめ

関西人が標準語だと思って使っている関西弁をご紹介しました。

「え~!これも関西弁やったんや!」と驚いた関西弁もあったのではないでしょうか?

私もブログを書く際やSNSに投稿する際に、なるべく標準語を使用していますが「あれ?これは標準語?関西弁?」とわからなくなる時があります(笑)

自分ではしっかり使い分けているつもりでも、長年使ってきた言葉の癖ってなかなか抜けないものですよね!

関西ではない人にもこんな「関西弁があるんだ」と楽しめていただけたら嬉しいです♪

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-雑記

© 2021 ちむたうブログ