夫婦円満の秘訣

夫婦喧嘩の理由!我が家の喧嘩の原因3パターンと改善方法

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

どんなに仲の良い夫婦でも、ちょっとした事で夫婦喧嘩をしてしまうことがありますよね。

私達夫婦は喧嘩が比較的少ない方ですが、それでもぶつかってしまう時があります。

振り返ってみると同じようなことが原因で、喧嘩してしまっていることに気づきました!

そこで今回は我が家の夫婦喧嘩の原因を解明してみたいと思います。

読めば夫婦喧嘩の原因のヒントが見つかるかも知れませんので、ぜひ最後までご覧ください♪

夫婦喧嘩の理由!我が家の原因3パターン

言葉遣いや言い方

記憶違い

思いやりが足りない

この3パターンが我が家の喧嘩の原因で圧倒的に多いです!

それでは改善方法とともに詳しくご説明していきます。

 

言葉遣いや言い方

言葉遣いや言い回しが原因で、喧嘩になってしまうカップルや夫婦は私達だけじゃないはず。

最初はほんの些細な事で喧嘩が始まったのに、気づけば元の理由とは関係なく喧嘩がヒートアップしてることってありませんか?

そういう時は、お互いの言葉遣いや言い方に問題がある場合がほとんどです。

相手の言葉にカチンとくると反論したくなりますよね。

一方反論された方もまた反論し返そうと躍起になり、どんどん本来の問題から脱線していきます。

一旦こうなってしまうと、会話がスムーズに行かない上に収拾がつかなくなってしまいます

 

改善方法

相手に伝えたいことがあるならば、直接的な言い方は避け、相手に寄り添った言葉を選ぶように努めましょう。

先に相手の意見を肯定してから自分の意見を伝えると、相手も安心して素直に聞き入れてくれるはず。

ちむ
話すスピードや大きさを合わせるのも効果的!

感情に任せて相手を責め立てたり、嫌みっぽい言い回しは厳禁です!

喧嘩中に感情的にならないようにするのは難しいですが、本来の問題を解決する為には余計な問題を増やさないようにしましょう!

 

記憶違い

我が家では言葉遣いや、言い方の次に喧嘩の原因になりやすいのが記憶違いです。

遅くなる日や休日の予定など、スケジュールを伝えたはずなのに相手が忘れていることがよくあります。

ちむ
我が家の場合、主に忘れてしまうのは私(笑)

一番多いのは、夫が外で夕食をとる日を忘れて作ってしまい「せっかく作ったのに~」とむくれて喧嘩になるパターン。

また、デートの日程をお互いがちゃんと把握できていないこともしばしばありました。

 

改善方法

お互いの記憶違いをなくすために出来る事は、記録を残すこと!

ホワイトボードに予定を書き込んだり、予定共有アプリを活用して記憶違いをなくしましょう。

とても簡単な事なので私のように忘れっぽい方は、是非取り入れてみてください。

また、忘れてしまった方は「聞いてないよ!」と怒るのではなく、相手にしっかり謝ることも大切です

 

思いやりが足りない

仕事が忙しい時や考え事がある時など、相手を気にかける余裕がない時ってありますよね。

どんなに大切な相手でも、余裕がなくなると頭ではわかってても思いやりに欠ける行動を取りがちになってしまいます。

私は何かに集中していると、そのことしか見えなくなり夫をないがしろにしてしまうことがあります。

何か話しかけられても聞こえていないので、結果的に無視した形になります。

また夫も仕事が忙しい時は、私の事や家の事はないがしろになりがちです。

 

改善方法

自分に余裕がないと感じる時は、相手に伝えて少し距離を保つと良いでしょう

「今忙しいからちょっと待っててね」と一言いうだけで、相手を傷つけずに済むかもしれません。

また相手に余裕がないと感じる時も、無理に話しかけたりせずそっと見守ることも大事です。

思いやりがない行動や言動をとってしまった時は、早めに謝罪をすれば相手も理解してくれるでしょう。

 

 

まとめ

今回は我が家の喧嘩の原因で多いパターンをご紹介しました。

夫婦喧嘩が感情的になりやすい原因の一つは、夫婦だからこその馴れ合いです。

気を遣わずにいられる関係は素敵ですが、お互いを思いやることはとても大切です!

相手を思いやる努力を怠らず、いつまでも仲の良い夫婦でいたいものですね♪

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-夫婦円満の秘訣

© 2021 ちむたうブログ