お役立ち情報

犬の去勢メリットとデメリットは?実際にかかった費用と流れ

 

みなさまこんにちは、ちむ(@timutimutautau)です。

 

先日愛犬の去勢手術を行ってきました。

10数年ぶりの去勢手術だったので、わからないことがたくさんあり不安になりました。

ちむ
デメリットは?そもそも費用はいくらだっけ?

 

ここでは犬の去勢手術前後の流れや、メリット・デメリットについて等わかりやすく説明していきます!

これから去勢手術を考えている方に少しでも助けになれば幸いです。

 

犬の去勢手術とは

目的

避妊、病気の予防のために施されます。

一般的にオスは睾丸(精巣)を摘出、メスは子宮と卵巣を切除します。

 

時期

生殖能力が成熟する前の生後6ヶ月~1年未満が適しています。

生殖機能が発達する前に去勢することで生殖に関するストレスから解放されやすく、問題行動を起しにくくなります。

1歳以上の犬を飼った場合は、発情期が来る前にできるだけ早く行ってあげてください。

不安な点があれば事前に獣医さんとしっかり話し合ってくださいね。

 

期待できる効果

発情中のメスのホルモンを嗅ぐとオスは興奮してしまいます。

去勢すると満たされない性的欲求から解放されてストレスが軽減できます。

 

かかる費用

病院によって異なる

去勢手術の費用は動物病院によって異なりますが、オスなら~3万円、メスなら~5万円程度が目安です。

オスの手術は比較的短時間で済み日帰りが一般的ですが、メスの場合はオスに比べて手術時間が長く一泊入院するケースが多いので、メスの方が少し費用が高い傾向があります。

また犬種や手術方法によって異なりますので、事前に確認してくださいね!

 

保険は適用されない

保険は治療を目的とした施術にのみ適応されるので、あくまで予防を目的とした去勢手術では適応されません。

去勢前に何らかの病気で生殖器を切除する際は適応されます。

 

助成金が出る場合も

自治体によって去勢手術に助成金が出る場合があります。

条件付きの場合もあるので、お住いの地域の自治体に問い合わせてみてくださいね。

 

実際にかかった費用

実際愛犬にかかった去勢手術の全費用を公開します!

もちろん病院や個体差によって金額は変わりますが、これから去勢をお考えの方はよかったらご参考にどうぞ♪

診療項目単価数量金額
再診料¥8001¥800
生化学検査¥5002¥1,000
犬・雄不妊手術¥20,0001¥20,000
犬歯抜歯¥1,5001¥1,500
処方料¥3001¥300
パセトシン¥4010¥400
トラネキサム酸¥4010¥400
合計¥26,840(税込)

(オス、7ヶ月、2.1キロの場合)

ちむ
エリザベスカラーはレンタルしたよ

 

メリット

病気の予防

去勢によって将来成り得る、生殖器に関係する病気を予防することが出来ます。

代表的なのは前立腺疾患、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫です。

 

望まない妊娠を防止

去勢手術を行なうことで「いつのまにか子犬を身ごもっていた」「ほかの犬を身ごもらせてしまった」という心配がなくなります。

 

攻撃性の低下

オスは、男性ホルモン(テストステロン)の影響で攻撃性が出るケースがあります。

去勢後は男性ホルモンの分泌が抑えられるため、未去勢のオス同士のケンカを軽減できる可能性があります。

 

マーキングの改善

攻撃性同様、マーキングも男性ホルモンが影響しています。

去勢するとホルモンの分泌が抑えられるため、マーキング行動の改善が期待できます。

マーキング行動が癖になってしまっている場合は、去勢後も改善が見られない場合もあります。

 

発情によるストレスの軽減

発情は愛犬にとって大変ストレスを感じるもので、去勢手術をすることで発情起因のストレスを軽減してあげることが可能です。

 

残存乳歯も抜いてもらえる

全身麻酔をしているので、乳歯が残存してしまっている場合は同時に抜歯も可能です。

乳歯をそのままにしておくとかみ合わせが悪くなり、歯石になりやすくなるで抜くのが理想的です。

本数や抜く歯により追加される費用は異なります。

 

デメリット

全身麻酔によるリスク

去勢手術は全身麻酔で行う手術なので人間同様にリスクが伴います

特に小さいサイズの子や去勢適齢期を過ぎた子は獣医さんとよく相談してください。

 

太りやすくなる

去勢後はホルモンバランスが崩れるため、太りやすくなります。

適切な食事管理と適度な運動を積極的に行うようにしましょう。

 

毛質が悪くなる場合も

個体差がありますが、毛づやが悪くなる犬もいます。

まれに毛質や毛色が変化するケースも。

 

臆病になる場合も

こちらも個体差がありますが、去勢後に自信を無くしたり、去勢による恐怖で臆病になってしまうケースがあります。

元々臆病な子であれば、社会性をしっかりと身に付けて自信をつけてから去勢にのぞまれることをおススメします。

 

生殖能力がなくなる

去勢手術は、生殖能力を完全になくしてしまうものです。

術後に「やっぱり繁殖させたい」と思っても不可能なので、よく考えてご決断くださいね。

 

去勢手術の流れ

前日から絶食・絶飲

日付が変わる頃から絶食させます。

夜中に少量ならお水はOKでしたが、起床後は完全に絶飲させます。

 

術前に検査

・問診

・触診

・血液検査

この時に数値に異常があれば去勢手術を見送ることもあります。

最終的に飼い主の判断で行うか中止するか決めます。

問題なければこの時点で病院にあずけます。

 

麻酔から覚めるまで待つ

多くの場合が夕方頃のお迎えです。

手術自体は短時間で終わりますが、術後すぐは意識が朦朧としている為、自力で歩行できるくらい意識がはっきりするまで待つ必要があるためです。

この時、麻酔から覚め切らない子はそのまま病院で一泊することもあります。そばにいてあげたいですが何かあったときにすぐ対応・処置できる病院にいた方が安心ですね。

 

お迎え後は安静に

普段どんなにヤンチャな子でも術後当日はさすがにおとなしくしてくれていると思います。

時間が経つにつれ麻酔が抜けて意識もハッキリし、少しずつですが活発になってくるので気を付けないといけません。

走ったり遊んだりする以外、犬が自発的にとる運動は問題ないそうですが傷口が開かないかと心配になりますよね。

お散歩も無理のない範囲でなら可能ですが、当日は避けた方が無難です。

普段放し飼いにしている場合も、そばにいられないときはゲージに入れておく方が望ましいでしょう。

多頭飼いしているご家庭は他の子にも傷口をなめさせないように離しておきましょう。

気を付ける事      

傷をなめさせない

傷を汚さない

きちんと投薬する

観察すべき事

食欲や元気

尿や便の状況

傷の状態(腫れ・赤み)

あわせて読みたい

犬の去勢後の傷口を守る便利グッズ3選!

続きを見る

飲水や食事は少量から

麻酔の影響で当日は食欲がなく食べない場合もあります。

食欲があるようなら少量から、ふやかして食べやすくして与えてください。

我が家の愛犬は当日から食欲があったので、ふやかして数回に分けて与えました。

お水も少しづつ与えてくださいね。飲みたがらなければ無理に与えなくて大丈夫です。

 

排泄時期は個体差あり

我が家の愛犬はよほど我慢していたのか、帰宅後すぐに大量のおしっこをしました(笑)

便に関しては絶食していたことと手術により力が入りにくかったこともあり、術後2日後にやっとしました。

 

排泄する時期には個体差があるので、当日しない子もいます。

ほとんどの場合、排便の方が時間がかかりますのでしばらくは様子を見てあげてください。

排泄は3日以上しないと体に影響があるので、手術を行った動物病院を受診してください。

 

投薬

我が家の場合は抜歯も行ったので、抗生物質(パセトシン)と止血剤(トラネキサム酸)を朝と夜の1日2回、五日分処方されました。

投薬はきちんと指示された通りに行いましょう。

 

抜糸

傷の回復具合によって異なりますが、術後から約7~10日を目安に行います。

溶けるタイプの糸を使用している場合は抜糸は不要です。

 

こんな場合は病院に!

3日経過しても下記の症状が見られる場合は獣医さんに相談し、場合によっては受診しましょう。

・水をやたらと飲む

・水を全く飲まない

・元気がない

・食事を拒絶

・嘔吐

・無尿

・下痢

・タール便(血便)

 

去勢後のストレス軽減アイテム

我が家の愛犬は傷口をなめないようにガードする『エリザベスカラー』に対して一番ストレスに感じていました。

ほとんどのエリザベスカラーはプラスチック製のもので、肌触りは硬いです。

愛犬はこのカラーになかなか慣れず歩くたびにぶつけ、コツコツと音を鳴らしていました。

ただでさえ術後で辛いのに、カラーを取ってほしいと訴えかけるようにクーンと鼻を鳴らす姿がいたたまれませんでした・・・

余計なストレスは出来るだけ排除してあげたい!と見つけたのが『ソフトエリザベスカラー』

 

出典:はっぴーDOG

イエローと迷いましたが、普段ドット柄アイテムが多いので花柄ブルーのSサイズを購入しました♪

マジックテープなので取り付けが簡単でした!クッション性もあり、ぶつけても衝撃が少なく首周りの負担もマシになったようです。

エリザベスカラーにソフトタイプがあったなんて目から鱗でした!

 

エリザベスカラー ソフト 犬 猫 花柄 【ランキング堂々1位獲得】★超軽量 傷舐め防止 マジックテープ 柔らかい 傷口 舐め 防止 犬服 犬 服 犬の服 ドッグウェア 【秋冬 秋服 冬服 秋 冬 おしゃれ 可愛い 女の子 男の子 トイプードル チワワ ダックス 柴犬 洋服】

価格:1,480円
(2020/10/21 12:36時点)

 

服を着せるのも選択肢のひとつ

我が家の愛犬は服を着ることを嫌がるのでソフトカラーで対処しましたが、獣医さんによるとどうしてもエリザベスカラーを嫌がる場合は服を着せるのもいいそうです。

カラーを嫌がる子には服を着せて対処するのも、ストレスを軽減させてあげるひとつの方法ですね!

まとめ

去勢手術は様々なメリットとデメリットが存在します。

去勢に対する考え方は様々あるので、ご自身の愛犬と家族とよく話し合って決めてくださいね!

大切なのは飼い主と愛犬の両者が幸せになれる、後悔のない最善の選択をすることです。

ちむ
愛犬の為によ~く考えましょう!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2021 ちむたうブログ