体験談

なぜハブられる?ハブられる原因と対処法

 

みなさまこんにちは、ちむです。

 

「仲の良い友達が急によそよそしくなった」

「グループの集まりに自分だけ呼ばれなかった」

このような辛い経験をしたことはありませんか?

 

私は学生の時に一度だけ経験しましたが物凄いショックを受けました。

では、ハブられないようにするには一体どうすればいいのでしょうか?

今回はハブられてしまう人の原因とその対処方法について紹介します。

ちむ
後半には私がハブられた時のお話しもちょこっとするよ

現在ハブられて苦しんでいる人は、是非この記事を最後まで読んで実践してみてください。

 

なぜハブられる?ハブられる原因と対処法

ハブられるってどういう意味?

「ハブられる」とは仲間外れにされるという意味です。

無視されたり、自分だけ誘ってもらえなかったりいろんな方法で仲間外れにされます。

逆に仲間外れにすることを「ハブる」といいます。

日本には「村八分」という村全体で一つの家族を無視したり、嫌がらせをするという恐ろしい風習がありましたが、一説によるとこの村八分という言葉がハブるの語源になっているそうです。

関西では「ハミる」

私の出身である関西地方ではハブることをハミる(ハミゴ)と言います。

「はみ出し者にする」が転じてハミるになった説が有力のようですね。

はみ出し者にされた子の事をハミ子と呼んでいたことから、ハミ子→ハミゴ→ハミるに変化した物だと思われます。

また、ハブられた場合は「ハミられた」「ハミゴにされた」と言います。

ハブられる原因

ハブるという行為はもちろんハブる側が悪いですが、ハブられる側にも原因があると言えます。

ここでは特にハブられやすい3つの原因をご紹介します。

協調性がない

協調性とは「お互いに意識しあう」ことを意味します。

つまり協調性がない人は自分本位な行動をとりがちになり、一緒にいる人から嫌われてしまいやすいと言えるでしょう。

協調性がない人の性格的特徴に頑固・プライドが高い・空気が読めないことが挙げられます。

さらに協調性がない人は一人で行動することが得意な一面も持ち合わせているため、グループの集まりに「あの子は誘わないでいいや」と思われがちになってしまいます。

自分を貫くのは素敵な事ですが、ある程度の協調性を持ち合わせている方が生きやすいのは確かなことです。

嘘が下手

嘘も方便という言葉もありますが、あまりにも下手でミエミエな嘘は相手に信用してもらえません

たとえば女優やアイドルが美しさの秘訣を尋ねられた際によく言う「何もしてないですよ~」という返しにそんなわけあるかと思ったことはありませんか?

ここで「実は毎日〇〇してて…」と正直に言った方が好感が持てますよね。

自分を良く見せようと下手な嘘をついたり、場を盛り上げるために話を盛ったりすることは悪い事ではありませんが、良い人間関係を築くためには正直でいることは重要な事です。

人の話を最後まで聞かない

人の話を最後まで聞かずに人の話を遮ってしまってしまうのはハブられる原因になります。

話の途中で「それ私も知ってる!このあいだ…」と話を遮って自分の話をしたことはありませんか?

話の途中で「それってこういうことでしょ?」と内容を自己解釈したことはありませんか?

どちらも相手を不快にさせてしまう行為です。

こういう人の多くは最後まで聞けていないので、相手の話す内容を理解していないことが多いです。

途中で「あっ」と思っても我慢して最後まで話を聞く努力をしましょう!

ハブられた時の対処法

気を付けていてもハブられた場合はどうすればいいでしょうか?

それは相手との今後の関係をどうしたいかで変わってきます。

関係を修復したい

自分に原因がないか考える

関係を修復して今後も関係を続けたい場合は、まず自分の行いを振り返って自分に悪いところはなかったか考えてください。

「きつい言葉を使っていないか」「受け答えが不自然ではなかったか」「自分の話ばかりになっていないか」「不潔な印象を与えていないか」など。

自分でも気づかないうちに相手を気傷つけたり、不快にさせたりしている場合があるので、よく考えて理解する必要があります。

思い当たる節が見つかれば改善する努力をしてください。

どうしても思い当たる節がない場合は、相手が誤解している可能性もあるので次のステップに進みましょう。

相手と話し合いをする

自分に原因が見つかったら、相手との話し合いの場を作りましょう。

もし悪意なく傷つけたり不快にさせてしまっていたら、きちんと謝罪すると関係修復しやすいです。

自分に原因が見つからない場合も、話し合いの場を作るべきです。

自分と相手とで主張や考え方が違うので、もしかしたら食い違いや誤解があるかもしれません。

その際に「そんなことで!?」と激高してしまうと話し合いが進まなくなり、関係修復が難しくなる可能性があります。

ポイントは相手の話をよく聞き、落ち着いて話し合うことです

 

万が一関係が修復できなくても、今後の人間関係を築く際の気づきになります。

ここで自分を責め過ぎないでくださいね。

関係の修復は望まない

そのグループから離れる

そのグループと関係をもう持ちたくない場合は、いっそのことグループから離れ関係を終わらせるのも良いでしょう。

人間なのでどうしても合わない人は必ず出てきます。

会社などの場合はある程度の距離を保って付き合っていくのも選択肢の一つですね。

ただ離れる際は、新たな火種を生まない為にも謝罪を入れてから去っていくのが良いと思います。

 

ここで忘れないでほしいのは、このグループがあなたにとって唯一のグループではないということ!

他にもあなたを迎え入れてくれるグループは必ず存在します

それはたとえ学校であっても会社であっても変わりません。

ハブられたことにショックを受けるのは当然ですが、気にしすぎる必要は全くないのです

私がハブられた時のお話

ここからは私の実体験を書いていきます。

私は中学一年生の時にハブられました。

ある日突然始まったハブですが、運よく春休みとクラス替えがあり、一週間ほどの短い期間で自然消滅的に終わりました。

それでもハブられた方からしたら、一日一日が物凄く長く感じられ辛かったのを覚えています。

ちむ
特に昼休みが辛かったなぁ

ハブられた原因

あとになってわかったことですが、グループのリーダー格の女子と好きな人が被っていた事がハブられていた原因でした。

え!?そんなことで!?と思われた方もいるかと思います。

実際私もそんなしょうもないことでハブられていたのかとショックを受けたのを覚えています。

やはり女は友情より愛情を優先する生き物なのでしょうか(笑)

しかし自分でも気づいていないだけで、もしかしたら他の原因もあったのかもしれませんね。

私がした対処法

私は関係の修復を望まなかっただったのでこちらから話しかけることはせず、他のグループと過ごすようにしました。

表立って悪口を言われたり嫌がらせをされていたわけではなかったので、とことん距離を置くことを徹底しました。

そしてできるだけ気にしないようにしました。

気にしないようにすることは簡単そうで難しい事ですが、ハブられた時に辛くならない為に重要な事です。

ハブられたからって死ぬわけじゃない、ハブられたからって人生終わりじゃないと自分を励ましていました。

お互いに謝罪はしませんでしたが、中二の中頃には何事もなかったかのように自然と関係が修復されました。

ハブられても気にしないで

ここまでハブられる原因と対処法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「ハブられた」と聞くと子供のやる事という印象ですが、社会に出た大人でもこういった行為をする人がいます。

ハブられないように気を付けていてもハブられることは、年齢や性別に関係なく誰にだって起こりうることです。

もしハブられてしまった際は必要以上に落ち込まず、なぜハブられてしまったのかをしっかり考え対処することが大切です。

そして限界を感じたのなら無理してそこに居続ける必要はありません

もし今の状態に悩んでいるのなら、自分の為に勇気を出してみてください!

ちむ
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-体験談

© 2021 ちむたうブログ