夫婦のこと

義両親との付き合い方。良好な関係を築く為の5つのルール

義両親との付き合い方

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

結婚相手は選ぶことができますが、義両親までは選べないものです。

義両親との付き合い方がわからないままだと、結婚生活にまで影響が出てしまう事も。

では義両親と良好な関係を築くためには一体どうしたらいいのでしょうか?

今からご紹介するいくつかのルールを意識すると良い関係が築けるはずです。

 

結婚したけれど義両親との付き合い方がわからない

嫁姑問題を回避するにはどうしたらいい?

今回はこのような疑問を解決する内容になっています。

悩まれている方はこの記事を是非参考にしてくださいね♪

義両親と良好な関係を築く5つのルール

義両親と仲良く過ごす為、幸せな結婚生活を守る為にこれからご紹介する5つのルールを意識してみてください。

難しいことはありませんので、実践してみましょう!

ルール1:自分の両親と同じように接する

自分の両親とは頻繁に連絡を取るのに、義両親とはほとんど取らない。

自分の両親の誕生日は覚えてるのに、義両親の誕生日は忘れてしまった。

こんな軽い扱いをされたら誰だって嫌な思いをしますよね?

自分の両親を大事にするように義両親も大事にしてあげてください。

大事にされて嬉しくない人はいないのですから、恥ずかしがらず積極的にいきましょう!

ちむ
きっと大事にした分だけ同じように、あなたのことも大事にしてくれますよ❕

また、子供が生まれると「ランドセルをどちらが買うか」など頭を悩ませることも増えると思います。

そんな時もどちらかだけを優先するのではなく、うまく間を取り持ちましょう。

ルール2:必要以上に気を遣い過ぎない

義両親に良く思われたい気持ちはわかりますが、義両親の前で気を遣い過ぎるのはダメです。

気を遣い過ぎて疲れると、義両親に会うこと自体ストレスになってしまいます。

仲良くなりたくて気を遣い続けたのに、こうなってしまうと本末転倒ですよね。

無理し過ぎず付き合うことが大切です!

また「嫁」であることを意識し過ぎるのも良くないかもしれません。

「嫁だから義両親のいう事を何でも聞かなくては」と思っていては、良い関係を気づくことはできません。

義両親も最初はあなたとの付き合い方を模索しているはずです。

最初に何でも言いなりになってしまうと、それが当たり前になってしまう...かも。

ちむ
無理のない範囲での「お願い」は聞いてあげましょう🎵

ルール3:最低限の礼儀・マナーは守る

親しき仲にも礼儀あり」は人付き合いにおいて大切だと昔から言われています。

家族という近しい間柄になったからこそ、この言葉を忘れずにお付き合いをすることが大事です。

守れないとトラブルになりやすいお付き合いのマナーや礼儀には、以下のようなものがあります。

  • 突然のアポなし訪問はしない
  • 予定を決める時は相談してから
  • 資産に関わるお金の話はしない
  • 頼み事を断られた際に腹を立てない
  • お礼はきちんと言う・する

これらは自分が義両親に対して気を付けるべき事でもあり、義両親に気を付けてもらうべき事でもあります。

あなたが礼儀やマナーに気を付けて接する事で、義両親もあなたに対して礼儀やマナーをもって接してくれるようになります。

ルール4:ゆる~いお付き合いを目指す

「義両親とうまくやらなくちゃ」と意気込んだり、「義両親に気に入られてない気がする」と思い悩んでいませんか?

思い当たる節があるあなたは、もしかしたら真面目に考えすぎているのかも知れません。

お互い人間なので、努力しても合わない部分はどうしても出てくるものです。

合わない部分が出てきた時に「もっと頑張らなくちゃ」と気を張るのではなく、「そういう時もあるよね」と肩の力を抜いてみてください。

あなたが余裕をもって接する事で、義両親にも余裕が生まれて良い方向に関係を構築することができるかもしれませんよ!

人付き合いにおいて100%完璧な関係なんてないのですから、いい意味でゆるい関係を築けていけたら良いですね♪

ちむ
気楽に、気楽にね✨

ルール5:お互いの家庭の境界線を決める

自分の家庭と義両親の家庭の境界線をハッキリ決めておきましょう。

境界線を決めておくことで、お互いの家庭への踏み込み過ぎを防げます

例えば結婚記念日や誕生日など、あたなの家庭だけで過ごしたい記念日に、義両親に気を遣って一緒に過ごすのはちょっぴり悲しいですよね?

ちむ
もちろん嬉しさもあるけど💦

しかし義両親もあなたの家庭との距離感が掴めずに、良かれと思って踏み込んできているのかも知れません。

若い世代の夫婦と義両親世代では考え方にズレがあるのは仕方がないことです。

ここはあなたの方からやんわりと境界線を引く努力をしてみてはいかがでしょうか?

ちむ
「当日」は夫婦だけ、もしくは家族だけで祝いたいなど、工夫して伝えると義両親も理解してくれるはず❕

考え方や価値観は長い年月をかけて培われてきたものなので、急に変える事は難しいです。

焦らずゆっくり時間をかけて義両親と折り合いをつけていきましょう。

まとめ

義両親と良好な関係を築く為の5つのルールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

もう一度ルールをまとめておきます。

5つのルール

  1. 自分の両親と同じように接する
  2. 必要以上に気を遣い過ぎない
  3. 最低限の礼儀・マナーは守る
  4. ゆる~いお付き合いを目指す
  5. お互いの家庭の境界線を決める

そして最後に忘れていけないのが、義義両親との関係を良好にするためには、夫の協力が必要不可欠という事です。

何か困った事があったとき、いつでも相談できるように夫との関係も良好なものにしておきましょう。

夫婦円満の秘訣

結婚生活 うまくいくカップル12の特徴。夫婦円満の秘訣とは

続きを見る

喧嘩してしまったら

夫婦喧嘩の仲直りの方法!いつまでも喧嘩を長引かせない為に

続きを見る

夫と同様、義両親ともこれから長いお付き合いになります。

お互い無理し過ぎない、良い関係を築いていきましょう!

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-夫婦のこと

© 2021 ちむたうブログ