お役立ち情報

ペットロス症候群になりやすい人の特徴と乗り越え方

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

ペットと共に生活している人なら、一度は聞いたことがある「ペットロス症候群」という言葉。

誰もがなる可能性のあるペットロス症候群ですが、あらかじめ自分がペットロスになりやすいかどうか自己診断しておくことが大切です。

愛犬が元気なうちに亡くなった後のことを冷静に考え、心の準備をしておくことで、ペットロスになるリスクを抑えることができます。

そこで今回は、ペットロス症候群になりやすい人の特徴と、ペットロスの乗り越え方をご紹介したいと思います。

ペットロス症候群になりやすい人と乗り越え方

ペットロス症候群になりやすい人の特徴をお伝えする前に、まずは愛犬を亡くした方が陥りやすいペットロス症候群について少しお話します。

ペットロス症候群とは

ペットを失ったことによって心身に大きなダメージを受けてしまうことです。

ペットとの死別から深く悲しみ、心身共に不調をきたし、日常生活に支障が出た場合を総称してペットロス症候群といいます。

ペットと過ごす事で生まれた愛情や絆が、ペットの死によって引き起こされる精神疾患だとされています。

引き起こされる症状の程度については個人差があります。

主な症状

抑うつ・不眠・消化器疾患

情緒不安定・摂食障害

虚脱感・喪失感・無気力

錯覚・幻覚

ペットロスの症状として、愛犬を失ったショックから無気力になり仕事や勉学に集中できない、やる気が出ないといったことが起こります。

眠れない・食欲がない日が続く・頭痛・めまいなどの体調不良に繋がる場合もあります。

ペットロス症候群になりやすい人

様々な見解がありますが以下に当てはまる方は、ペット症候群になりやすい人だと言えます。

なりやすい人の特徴

  • 犬中心の生活を送っている
  • 一人暮らしをしている
  • 犬に依存している
  • 犬をヒトとして扱っている
  • 責任感が強く後悔しやすい性格
  • 犬の寿命を意識していない

また、突然の別れをしたり、最期に立ち会えなかった人もなりやすいと言われています。

ペットロスを乗り越えるために

ペットロス症候群になると悲しみから抑うつ的になり、不眠食欲不振など健康上の問題が生じます。

失ったペットの事が頭から離れず、何も手につかず他人と接触できないなどの症状も起こります。

この状態が続くと、日常生活にも差し支えが出て最終的には病院やカウンセリングの受診が必要な場合もみられます。

そのような状態になってしまったらどうすれば良いでしょうか?

  • 気が済むまで泣く
  • 話を聞いてもらう
  • 規則正しい生活をする
  • 夢中になれるものを見つける
  • 亡くなった愛犬に手紙を書く
  • ペットの遺品を整理する
  • 後悔していても自分を責めない
  • お葬式をする・お墓を作る
  • 記念品・アルバムを作る
  • 次の子を迎える

これらはペットロス症候群に有効とされる対策の一部です。

人によって効果が違うので自分に合った対策を見つけることが重要です。

あわせて読みたい

ペットのフィギュアを作ろう!オーダーメイドで思い出に残す

ペットロス症候群だった私の話

私の場合は愛犬との初めての死別だったのですが、予期せぬ別れで心の準備が全くできていませんでした。

病気という病気もせず、元気だったのに本当に突然で、最期の瞬間にも立ち会えませんでした。

愛犬が亡くなった直後の私は、愛犬が亡くなったことを言葉にすると現実を思い知らされるようで、人に話すこともあまりせず、しばらくは事実を受け入れられませんでした。

さらに亡くなった愛犬に対して

「もっと散歩に連れて行ってあげればよかった」

「ダイエットさせず、好きなものを食べさせてあげればよかった」

と後悔していたこともあり、とても苦しかったです。

自覚はありませんでしたが、今思えば完全にペットロスの症状が出ていて、かなり不安定だったと思います。

そんな私でしたが、下記のことを実践して、半年かけて愛犬の死を受け入れられるようになりました。

  • とにかく大泣きした
  • 愛犬に手紙を書いた
  • 後悔していること、辛い気持ちを人に話した
  • 愛犬の死にきちんと向き合った
  • 新しく子犬を迎えた

さらにそこから一年の時間をかけ、心の平穏を取り戻すことができました。

私の場合、愛犬が亡くなったことで自分を責めて、愛犬の死に向き合わなかったことが一番いけなかったと思います。

夫に私の思いを打ち明け、素直な気持ちを引き出してくれたことがきっかけで、愛犬の死と向き合えました。

ずっと「〇〇すればよかった」と後悔ばかりでしたが、「愛犬は幸せな人生を送れた」と思えた時に自分の心が少し軽くなったのを覚えています。

改めて言いますが、誰かに話しを聞いてもらうことはとても重要です。

声に出し、伝えることでカタルシス(浄化)を得ることが出来ます。

まとめ

ペットロス症候群になりやすい人の特徴と、乗り越え方をお届けしました。

ペットロスになるリスクを抑えるために、自分がペットロスになりやすいかどうかを把握しておくことが重要です。

ペットロス症候群は、万人に有効な対処法はありません。

立ち直るのにかかる時間や、立ち直る方法は人それぞれです。

お別れの時に幸せだったと思えるよう、ペットとの限りある時間を大切に過ごしてくださいね!

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2021 ちむたうブログ