夫婦のこと

妻・嫁・奥さん・女房・家内・かみさんの意味と正しい使い方

 

みなさんこんにちは、ちむです。

 

男性のみなさんは結婚相手の女性のことを何と呼んでいますか?

結婚前は「彼女」と呼ぶ人がほとんどだと思いますが、結婚後は呼び方が増えるので迷ってしまいますよね。

代表的なのは「妻」ですが、それ以外にも「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」などたくさんあります。

そこで今回は、妻・嫁・奥さん・女房・家内・かみさんの意味と正しい使い分けについて解説します。

夫・旦那・主人・亭主の意味と正しい使い分け 

妻・嫁・奥さん・女房・家内・かみさんの意味と正しい使い方

正しく使い分けられることで、大切な場面でも恥をかくことはありません。

一つ一つ説明していきますので、一緒に見ていきましょう!

妻の意味と使い方

「妻」は「配偶者である女性」を意味し、夫婦の女性を指す言葉です。

「妻」の対義語は「夫」にあたります。

パートナーの呼称としては最も一般的で正式なものになるので、どのような場面でも使えますし、公的書類の続き柄にも「妻」が使われます。

嫁の意味と使い方

「嫁」は結婚して夫の家族の一員となった女性」を指し、対義語は「婿」です。

また「息子の妻になった女性」も指すので、夫に「嫁」と呼ばれることを嫌がる人もいます。

夫の家族が嫁いできた女性の事を「嫁」と呼ぶのはいかなる場面でも問題ありません。

しかし夫が使う場合は、「妻」よりかなりフランクな表現になるため、かしこまった場面では避けた方がよいでしょう。

奥さんの意味と使い方

「奥さん」は本来「他人の妻を敬う表現」です。

現在では一般的な言葉として広く使われていますが、自分の妻に対し「うちの奥さん」と使うのは、本来の意味を考えると間違いとされています。

「友達の奥さん」「○○さんの奥様」のように、場面に応じて敬称を変えて使いましょう。

女房の意味と使い方

「女房」は「自分または相手、あるいは親しい第三者の女性配偶者を呼ぶ言葉」です。

ただし、この表現はかなりくだけたものになるので、使う相手は親しい間柄であるのが通常です。

したがって、目上の人がいる場面やかしこまった場面ではふさわしくないとされています。

元々「女房」は「貴族の家に仕える侍女」を指す言葉だったため、この表現をあまり好まない人も多くいます。

家内の意味と使い方

「家内」は「自分の妻を謙遜する時に使われる表現」です。

そのため、主に目上の人やあまり親しくない人に使われることが多いです。

しかし「家内」には、その文字の持つイメージ通り「家の中にいる人」という意味も持っています。

共働きが一般的な現代には印象が良くないとされ、使われる機会は徐々に減ってきています。

かみさん

「かみさん」とは「親しい間柄で、自分あるいは他人の妻を呼ぶ言葉」です。

庶民的でくだけた表現であるため、相手がかなり親しい間柄でない限り使われません。

目上の人の妻に対して使うと、失礼にあたるため注意しましょう。

まとめ

妻・嫁・奥さん・女房・家内・かみさんの意味と正しい使い方をお届けしました。

簡単に使い方をまとめておきます。

使い分けまとめ

妻・・・どのような場面でも使える

嫁・・・息子の妻を指す

奥さん・・・他人の妻を敬う表現

女房・・・親しい間柄で使う

家内・・・目上の人がいる場面で使う

かみさん・・・親しい間柄で使う

自分の配偶者の呼び方に迷ったら、汎用性の高い「妻」を使えばまず問題ありません。

それぞれの意味と正しい使い方を把握し、場面に応じて適切に使い分けるようにしましょう!

夫・旦那・主人・亭主の意味と正しい使い分け 

ちむ
最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援いただけると励みになります!
よければぽちっとお願します(o'▽')σ

スポンサーリンク

-夫婦のこと

© 2021 ちむたうブログ